ベルグアース会社案内
11/32

接ぎ木の工程は工業的手法を取り入れ、最も工程管理が進んでいます。苗に応じた接ぎ方・ノウハウを駆使し、一日最大25万本の苗を接ぎ木。この圧倒的な本数と技術が当社の強みです。4. 接ぎ木室できるだけお客様に近い場所に二次育苗ハウス(直営農場、パートナー農場)を設けて、年間約3,400万本の野菜苗を生産、販売しています。5. 二次育苗ハウス育苗のプロの経験・勘と、研究者の技術・知識を融合し、新技術の開発・育苗技術の向上・病害虫防除の方法などを研究しています。播種・発芽した苗は、温度・湿度はもちろん培土配合や潅水に至るまで管理された一次育苗ハウスで生長します。特に虫の侵入による病気予防には最大の注意を払います。天候や季節の影響を受けることなく、育苗に最適な環境をつくることができるシステムです。温度・光・CO2濃度・風・肥料・潅水などをコンピュータ制御でコントロールして良質な苗を育てます。3. 閉鎖型苗   生産システム3. 一次育苗ハウス苗生産にとって害虫や病気は大きな問題です。ベルグアースでは、病害虫の発生後に対処的な防除をするのではなく、病害虫の発生を最小限に抑えるための環境づくりを行っています。苗の入れ替え時には殺虫剤・殺菌剤でハウス内を消毒し、育苗空間での病害虫発生を許しません。病害虫防除への積極的な取り組み研究室0.3mm防虫ネットエアカーテンエアシャワー10

元のページ 

page 11

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です