ベルグアース会社案内
14/32

2006年、日本最大級となる閉鎖型育苗施設を建設。2015年には、その最新設備を備えたベルグ福島が完成しました。閉鎖型苗生産システムとは、完全に外の環境から隔離された空間内で光・温度・CO2・肥料・水などを人工的にコントロールし、最適な環境で苗を育てることができる設備です。その最大のメリットは、病害虫の侵入を最小限に抑えられること。これにより農薬使用量を飛躍的に減らし、健やかで安全な苗をお届けすることが可能になりました。さらに、トマト第一花房着生葉位の低段化・生育のスピードアップ・アントシアニンの増加・茎の肥大などの効果があり、苗の安定生産と高品質を両立しています。             日本最大級の最新生産システム。ベルグアースの強み②閉鎖型苗生産システム

元のページ 

page 14

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です