ベルグアース会社案内
15/32

閉鎖型苗生産システムのメリット病害虫の侵入を防ぐ装置をはじめ作業スタッフの殺菌消毒や白衣の着用、タンク内や育苗棚の洗浄などの徹底により、完全無農薬での栽培を実現。無農薬育苗温度環境が制御可能なため、第一花房着生葉位がほぼ本葉7~9枚と一定になり、年中安定した収穫が可能です。第一花房着生葉位の低段化通常のハウス育苗と比較して茎径が約1.2倍も太くなることが確認されました。葉厚があり茎の毛も豊富、根もしっかりと張っています。茎の肥大苗の育成に最適な環境整備によりハウス育成よりも光合成生産物を効率よく植物体内に蓄積でき、初期生育が早くなります。初期育成のスピードアップ葉の裏に驚くほどのアントシアニンが出現。これは活発な光合成で多量の光合成産物が植物体内に存在することによるもので、健全な苗である証拠です。多量のアントシアニン(当社比)(当社比)ベルグ福島(2015年 14基新設)

元のページ 

page 15

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です