ベルグアース会社案内
27/32

Grafting DepartmentHideko Hamabe接ぎ木部門世代を問わず女性が活躍できる職場づくりが、独自技術の原点。苗生産の繁忙期には、本社農場と、いわて花巻農場、ベルグ福島において約300名が接ぎ木業務に携わっています。私は入社以来、接木課ひと筋で、接ぎ木苗の品質向上を目指し、苗質の観察と対応、そして課員の業務調整を行っています。会社で最も多くの人員を擁する課の運営を担うことは、正直プレッシャーもありますが、責任感を持って仕事に臨むことで、大変ながらも充実した日々を送っています。お客様に直接お会いする機会は少ないですが、「いつも、ありがとう」の言葉がいただけるよう、「各部署がチームとして連携し、業務に取り組むことが最も大切である」を信念に、より良い苗をお届けしていきます。繁忙期は全社300名体制での接ぎ木業務大変ながらも充実した日々を送っています。西日本事業部 本社農場 接木課濱邊 英子接ぎ木をすればするほど接ぎ木スピードが増す。上手くなろうと意識すればするほど上達する。毎日の作業なので、自分次第でどんどん技術を磨くことができます。ですから、苗の一本一本を大切にし、常に緊張感を持って仕事に取り組んでいます。接ぎ木苗日本一の会社の社員として、仕事に誇りを持っています。Appeal Point「断根接ぎ木」により、連作障害や病害虫に強く、生産性に優れた、育てやすい苗が生み出されます。① 台木の上部を切除② 接木チューブをセット③ カットした穂木を用意④ 接ぎ合わせて完成断根とは、一度根を切り新しい根を発生させる技術です。新しく出る根は、若く元気で本数も多く、苗自体に活力を持たせることができ、また、苗質を揃えることもできます。◎根が若い:古い根を切り新たな若い根を発生させることで、苗自体の年齢が若返り元気になります。◎根が強い:直根を切ると、数日で新しい根が3~5本出てきます。この新しい根は1本1本が直根と同じくらいの太さと力を持っているので、根に力強さを持たせることができます。◎苗が揃う:一度根を切ることで、それまでの苗の性質をリセット。品質の揃った良い苗ができます。一度根を切り落とすことで、新しく元気な根がたくさん出てきます。接ぎ木手順断根 根に力を付け苗を若返らせる26

元のページ 

page 27

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です