ベルグアース会社案内
31/32

中国市場は南北で販路確立し成長期へ高度な日本式農業の普及にも注力します。Overseas Department海外事業部門東南アジアでの野菜苗生産・販売及び農資材仕入れ販売事業主な取り組み中国においては南北エリアに分けて苗事業の展開を進めています。北部では、河北省で果菜類苗を生産し現地の協同組合組織、施設園芸業者向けに販売します。南部においては、現地苗事業会社と提携し、苗や資材を販売します。また、韓国においては現地の農業会社法人を子会社化し、種苗や農業資材を日韓双方に輸出入するほか、フィリピンにおいても野菜接木苗を現地の農家に供給するための調査を開始しました。これらを足掛かりに、今後アジア全域で苗、種子の生産・販売、関連資材の販売を拡大していきます。・中国青島芽福陽園芸有限公司での野菜苗及び鉢花の生産販売、栽培技術の研究開発・中国北京シンジンの中国国内に向けての育苗事業展開・韓国BJアグロでのOATアグリオの肥料販売及び野菜苗委託生産し日本への輸入・フィリピンにおいて野菜接木苗の農家への供給できる体制構築青島芽福陽園芸有限公司ではトマトの青果物・シクラメンも栽培野菜苗事業との相乗効果。高品質な種苗の新品種を開発・販売します。Breeding Department育種事業部門株式会社むさしのタネ海外展開も視野に入れた育種開発2017年8月に育種事業の新会社「むさしのタネ」(千葉県長南町)を設立しました。苗事業との相乗効果を狙い、種苗開発から取り組むことにより付加価値の高い苗の供給。今後は耐病性・多収性などを兼ね備えた種苗の新品種を開発し・販売拡大に取り組んでいきます。野菜の生産者は多収性、耐病性、育てやすさなどを踏まえ扱う品種に非常に価値を置いています。その期待に応えられる品種を持つこと、当社にしかない苗の品ぞろえを強化することによって付加価値の高い苗の提供に取り組んでいきます。また、種苗メーカーとも連携を図りながら「より良い苗をより安く」を実現していきます。まずは耐病性に優れ、味もおいしいトマトの品種から取り扱いを開始します。今後は、中国でも感染が拡大している黄化葉巻病に着目し、中国に農場を持つ利点を生かしてより耐病性の品種を開発します。育種事業シナジーを創出しながら成長購入コストの削減同業他社への販売新品種の開発30

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る