接ぎ木苗紹介

接ぎ木とは接ぎ木とは

「断根接ぎ木とは」概要

ベルグアースが長年培ってきた技術の集大成・・・、それが断根接ぎ木苗です。

苗を見守る鋭い目と、良い苗をお届けしたいという熱い想いの結晶。断根接ぎ木苗の力を

ご紹介します。

接ぎ木・・・別々の植物の良いところをひとつに接ぎ木・・・別々の植物の良いところをひとつに

接ぎ木とは、植物の一部を切り離して、別の植物とつなぎ合わせ、新しい植物を生み出す技術です。双方の性質の長所を持ち合わせ、連作障害や病害虫に強く、生産性に優れた、育てやすい苗ができます。

連作障害に強い
連作障害に耐性のある台木に接ぐことで、
連作障害に強い苗になります。
病害虫に強い
病害虫に耐性のある台木に接ぐことで、
病害虫に強くなります。
環境に強い
低温伸張性など、環境ストレスに強い台木に接ぐことで、環境に強い苗になります。
※連作障害とは・・・
同じ土で同じ種類の野菜を何度か育てると次第に育ちが悪くなること。
特定の細菌やウイルスなどの病原体が土の中で増えてしまっていたり、土の中の栄養分を始めとした物質のバランスが崩れることで発生します。
※低温伸長性とは・・・
ある程度の低温であっても、正常に育つ性質。

断根・・・根に活力を付け苗を若返らせる断根・・・根に活力を付け苗を若返らせる

断根とは、一度根を切り新しい根を発生させる技術です。

新しく出る根は、若く元気で本数も多く、苗自体に活力を持たせることができます。

また、苗質を揃えることもできます。

根が若い
古い根を切り新たな若い根を発生させることで、苗自体の年齢が若返り元気になります。
根が強い
直根を切ると、数日で新しい根が3~5本出てきます。この新しい根は1本1本が直根と同じくらいの太さと力を持っていますので、根に力強さを持たせることができます。
苗が揃う
一度根を切ることで、それまでの苗の性質をリセット。品質の揃った良い苗ができます。

苗のできるまで苗のできるまで

「苗のできるまで」概要

接ぎ木苗の生産はいくつもの工程に分かれ、これまでに培われてきたノウハウと、最先端の技術が使われています。

育苗のプロ達の苗作りをご紹介しましょう。

播種(はしゅ)播種(はしゅ)

一日に最高67万粒も播種される種子。

異なる品種の種子が混ざらないよう、細心の注意をはらって播種します。

機械播種のため、確実にまけているかチェックを行い、ハウスに送り出します。

一次育苗(穂木育苗・台木育苗)一次育苗(穂木育苗・台木育苗)

播種から接ぎ木までの育苗工程です。

接ぎ木をするには、地際から子葉までの長さ・胚軸の太さ・茎の堅さが重要になります。

また、強く健全であり、苗質が均一に揃っていなければなりません。

光・温度・湿度・風などを調整し、接ぎ木に適した苗を作っています。

接木接木

接ぎ木工程は、工業的手法を取り入れ、最も工程管理が進んでいます。

接ぎ木する苗に応じた接ぎ方・ノウハウを駆使し、一日最大25万本の苗を接ぎ木します。

この圧倒的な接ぎ木本数と技術が、当社の強みです。

ページの先頭へ