生産者の声

生産者の方々

一覧に戻る

9/17納品 e苗 ZQ-Ⅱ×ゆうゆう一輝(黒) 2,450本
閉鎖型苗生産システム
作型:摘心栽培 9月定植~1月まで収穫

e苗(キュウリ苗)はどこで知りましたか?=

3年前に、ベルグアース本社農場を訪問した際に、閉鎖型苗生産システムを見学しました。その時に、はじめてこの苗を知りました。使い始めてから今年で4作目になります。

使ってみた感想はどうですか?

セル苗を直接ハウスに定植しているので、定植作業が楽です。手伝いに来てもらっているパートさんからも、「もうポット苗は重いから植えたくない」という声が出るくらいです。作業効率が上がって助かっています。本葉1枚強程度の苗なので、定植後一息ついてから誘引作業に取り掛かれるので、作業の段取りも立てやすいです。また、閉鎖型苗生産システムで育苗しているので、育苗期に農薬が使われていないことも魅力です。エコ栽培での減農薬や効果がある農薬を定植後に使えること、使用可能な農薬の幅が広がることで、定植後の防除面でもメリットがあります。

定植後の管理や生育はどうですか?

幼苗なので定植初期は、株元潅水をしますが、その後はチューブで潅水しています。植物体が健全なのか、樹が強く、萎れが少ない、徒長しにくく、軸も太いです。高知県での早い作型(9月定植~1月まで収穫)には向いているように思います。

現在の生育状況はいかがでしょうか?

今年の収穫開始は10月11日頃ですが、猛暑の影響で、苦戦している面もあります。これからの収穫量の伸びに期待しています。

今後ベルグアースに期待することは?

短期勝負の作型なので、収穫の開始時期が早い苗規格や品種の提案があればうれしいです。

苗の紹介

この度は取材させていただきありがとうございました。
3年前に視察に来られた時から、この苗に強く興味を持たれていたことを今でも覚えています。毎年、ご利用頂きましてありがとうざいます。e苗を本葉2枚まで育苗することはできませんが、9cmポットに鉢上げた苗規格もございます。ぜひ一度ご使用くださいませ。来年もまたよろしくお願い致します。

元 営業一課 守屋 明洋

2013年10月

ページの先頭へ