生産者の声

生産者の方々

一覧に戻る

初めは購入苗に抵抗があった北中さん。アースストレート苗の評価と独自のキュウリ栽培について伺いました。

6/17納品 アース50 コレクト×GT2 3,696本
8/19納品 アース50 コレクト×ときわパワーZ2 4,136本
8/26納品 アース50 コレクト×ときわパワーZ2 5,324本
  作型:摘心栽培(年2期作)

アースストレート苗を使用していかがですか。

苗を購入する前は自分で接木を行っていたのですが、とにかく想像以上です。生育ムラがなく、9センチポットと比べてポット回収・廃棄の手間もなくなり、また根傷めもしなくて済んでいます。最初は苗を買ってまで栽培することがコスト高になると思っていましたが、想像以上に人件費や時間がカットできて、今では購入してよかったと感じています。

キュウリ栽培で特に苦労されることは何ですか。

やはりパートさんたちの労務管理と、栽培管理です。定植は7人で4~5千本を1日で行い、収穫・出荷の時期には、朝と晩二回の収獲を行っているのですが、従業員の勤務時間は一律でないので、管理には時間と労力が必要です。また今後は収量を上げるために年3作を目指していますが、冬の暖房費用など、新たに必要になるコストの軽減や、病気等のリスク管理などが、直面している課題です。

(栽培総面積は約10,000㎡年間収量は220~240tにのぼる。)

ガラスハウスとビニールハウス(5,640㎡)

これほどの規模でキュウリを栽培するきっかけは何ですか。

野洲は米農家が多いのですが、そこであえてキュウリ生産を行い、自身でマーケットを作りたかったのが正直な気持ちです。今は生産したものを県内外の百貨店・スーパーに卸して販路を拡大しています。ここはまだキュウリの大産地でないので、逆に病害虫の被害を受けることも少ないメリットがあります。

当社へのご要望をお願いします。

ベルグアースの苗は根張りの状態も良く、とても良い苗です。定植もアースストレート苗にして楽になりました。そのアースストレート苗は定植前にどぶづけを行うのですが、その後段ボールを運ぶ際に箱の底が崩れてしまうので、水に強い段ボールに改善していただけると嬉しいですね。
また、苗の価格は少し高めですが、オリジナル性があり、魅力的な商品も多いので、もっと積極的に広報・宣伝をして、その良さを多くの生産者に知ってもらえればよいと思います。

この度はお忙しい中取材させて頂きありがとうございました。
アースストレート苗について評価を頂き光栄です。今回の取材でキュウリ栽培からベルグアースに対する思いや要望をお聞きすることができてとても勉強になりました。今後もご意見を伺い、新しい提案していくよう精進してまいりますのでよろしくお願いします。

西日本営業部 土井 友貴

2013年10月

ページの先頭へ