生産者の声

生産者の方々

一覧に戻る

毎年、長野農場にトマト苗を引き取りに来られる岡田氏。今年も、ツイン苗のご注文を頂き、お話を伺いました。

8/23納品 9㎝ ツイン苗 アイコ×グリーンガード 1,960本
他多数
長野生産

出会いは7年前の国際園芸技術展

ベルグアースとの出会いはいつ頃でしょうか?

7年前に千葉で開催されていた国際園芸技術展に行き、その時ベルグアースのブースを見つけました。その時、眼鏡をかけた年配の方と若いお兄さんに、長野県に農場があることを聞いたのがきっかけでした。

それまでは苗をどうされていましたか?

以前はセル苗を購入して、自分で鉢上げ、ピンチをしていました。本葉5枚目くらいをピンチして2本仕立てにしていたんですが、なかなかうまくいかず手間もかかっていました。

ベルグアースの苗を購入する決め手はなんでしょうか。

長野農場の環境と2本仕立ての技術です。本葉3枚目ピンチでここまでそろった苗ができるとはすばらしい!病気のリスクも少なく冷涼な環境の長野農場は魅力的ですね。直接取りに行ける距離なので、毎年避暑もかねてお伺いさせていただいています。

トマト生産、販売のこだわり

現在の生育状況はいかがでしょうか?

黄化葉巻病にびくびくしながらですが、株は順調に育っています。

産直組合ということですが、トマトの販売はどのようにされているのですか?

収穫したものを、光センサーの選果機にかけて大玉トマトは袋詰め、ミニトマトはパック詰めして、スーパーに直接販売しています。消費者がそのまま購入できる形まで請け負っています。

トマトについてこだわりは?

群馬県の給食センターに出しているものもあります。小中高生の研修会を積極的に受け入れています。そこで、子供たちにトマトを食べてもらい、おいしいという評価になったものを次作、栽培するようにしています。子供たちは素直ですから(笑)。自分たちが作りやすいもの、いいと思うものを売り出すのではだめだと思います。消費者に評価されてこその生産者だと思います。

  • 光センサー選果
    (トマトがなかったので柿で)
  • トマトをブランド化しました。
    全員エコファーマー認定を受けています。

今後ベルグアースに期待することは?

前橋産直組合は12名の組合ですが8割の生産者に30代前後の後継者がいます。あと最低30年はトマト栽培を続けていくつもりです。ですので、ベルグアースも今後30年以上いい苗を作り続けられるよう、後継者の育成をお願いします。今後とも末永くよろしくお願いします。

岡田様、この度は取材させていただきありがとうございました。
今回の取材で、トマト販売へのこだわりを強く感じました。作ったものを売るのではなく、評価されているものを目指して作る。この姿勢に感動しました。
今後、末永くトマト栽培ができるようベルグアースも全力を挙げて苗づくりに取り組んでいきたいと思います。

東日本営業部 小松 博樹

2013年10月

ページの先頭へ